XSENSORとは?
HOME > XSENSORとは?

XSENSORとは?

ケン・オートメーションは、XSENSOR社と販売代理契約を結んでいます。こちらではXSENSOR社とその製品についてご紹介いたします。

面圧測定システムのリーディングカンパニー

X1 Seat System
X2 Seat System
X3 DISPLAY Seating System

ケン・オートメーションが販売代理契約を結んでいる“XSENSOR”とは、カナダのカルガリーにあるXSENSOR Technology Corporation(以下、XSENSOR社)のことです。

XSENSOR社は、1995年に設立された会社で、以来、最先端の面圧測定システムの製造、販売をおこない、面圧測定の分野で世界をリードしてきました。

面圧測定システムは、X1シリーズから始まり、研究者やエンジニアなど、さまざまな方々からの要望を反映して改善を図り、2005年にX3シリーズがリリースされました。

当社は、X3シリーズの中でも最もデータ転送レートの優れるX3 PROを中心に販売活動を進めております。


キャパシタ方式の面圧センサ

XSENSOR社の面圧センサは、独自に開発したキャパシタ方式の面圧センサです。下図に示すように縦横に配置した電極のオーバーラップ部がキャパシタを構成し、その電極間の距離の変化を測定して圧力値に換算します。

キャパシタ方式は、抵抗方式の面圧センサのように測定の度に電極が接触して磨耗することがないので、耐久性に優れます。また、環境温度の変化に対して安定した測定精度を発揮するのが特徴です。

電極の張り合わせ オーバーラップ部がキャパシタを構成

XSENSOR社がおこなったキャパシタ方式と他の方式との特性の比較結果を下表に示します。

キャパシタ型センサの特徴(レジスタ型・ピエゾ型との比較)

項 目 キャパシタ型 レジスタ型 ピエゾ型
測定レンジの広さ
感度
センササイズの小型化
繰り返し測定精度
温度変化に対する安定性
センサデザインの柔軟性

ページの先頭へ


株式会社ケン・オートメーション HOME企業概要 お問い合わせサイトマップ お問い合わせ